Category: 地域密着型通所介護

Featured Video Play Icon

新しいボランティアさん

若菜です* 昨年末より、新しいボランティアさんたちがデイサービスに来てくださっています。 歌の好きな方は多く、レクリエーションや体操の中で、時には散歩しながら、などいろいろな場面で歌が登場する野の花デイ。生での伴奏や心地よい歌声のガイドボーカルは、そんな歌心を後押ししてくれるようで、全員参加。 利用者さんの方から歌いたい曲のリクエストが出て、スタッフが慌てて歌詞カードをコピーに行く、など積極的に楽しんでいただけて嬉しいです。

散歩のお宝

若菜です* 散歩から戻ってくる利用者さん達が何やら意見を交わしている… 「なんかの部品よね?」 「100円玉みたいね」 「え?なんか変だし、使えないでしょ」 お金かどうか分からないってなんだ?と見せてもらうと、ほんとだ、削られまくって薄くなった、よく見ると100円玉って言う銀色の丸い板状のものでした。 記憶を頼りに100円玉か別のものかを考える回想法を歩きながらするのも、立派なコグニサイズでした。 やっぱり相談先はお届けがてら交番ですよね?

Featured Video Play Icon

青梅

若菜です* 今年も梅の仕込みが始まりました。 私のヘタ取りを習いましたが、なかなか難しい!「貸して、やったげる」と言っていただき、皆さんにお任せすることに。 自治会館近くの傾斜地になっている梅も、自治会の方が「取って良いよ~」と快く言ってくださったので、第二陣も楽しみです!

スペシャリスト集団

若菜です* 毎日、洗濯や料理、洗い物に掃除、野菜や花の収穫や手入れ、寝具を替えたり整えたり、回覧板を回したり、とたくさんの家事がありますが、野の花ではできる限り利用者さんもスタッフも一緒に行うように、工夫をしています。 ですが、利用される方はこの道ん十年の大ベテランさんばかりで、ちゃっちゃか作業を進めてくださいます。 「畳めたわよ、はい次は?」「先にしまってきちゃったら?」「これ仕分けといたわよ」 流れが出来ていくので、15人家族くらいの家事の量も、あっという間に終わります。さすがですね。

ふつーのおうちっぽさ

若菜です* 普通のおうちっぽさを追求したい、野の花デイに、ふつーっぽいアイテムが増えました。 庭に干す洗濯物と物干し台。事務所の近所の方が、使わなくなったからとご寄付くださいました。 午前中には、バスタオルやシーツがはためいています。 いつも利用者さんが干してくださるのですが、認知症がある方も庭に出て日差しを浴びながら綺麗に洗えたシーツをパリッと干すと、達成感とともに気持ちが清々しくなるようで、イライラが解消されたりします。