Category: げんき!野の花

祝・麻雀優勝

ますのです。 「げんき!野の花」では、毎月1回、麻雀で勝負を競い、年間最優秀の人は、野の花ネットワーク理事長から、表彰と、ささやかながら賞品の贈呈があります。昨年7月~今年6月の通算で、68,400点を獲得した田原聡さんが年間優勝を飾り、7月7日の七夕の日、表彰されました。これまで、賞品はトロフィーでしたが、優勝回数の多い田原さんにしてみれば、別のものが良いかも?と智慧を絞りました。 最近、外出にご一緒させていただくと炭酸系の飲み物を飲むことが多い聡さん。そこで、炭酸系を含めたいろいろな飲み物詰め合わせを用意させていただきました。水分を摂ることが大切な時期でもありますね。

げんき野の花麻雀

篠原です。 げんき野の花の麻雀の近況報告です。 月に1回の恒例イベント、この日に向けて、最高齢のHさんは自宅で練習をされてきたそうです。 麻雀というと頭を使うイメージが強いですが、遠くの牌を1つだけ取るというのは、腕や背筋が伸び、意外といい運動になりますね。 この日は、車椅子のTさんが6200点で優勝。2位がボラのMさん3200点。3位が高齢組のNさん-8700点。4位最高齢のHさん-9000点でした。 写真は真剣勝負の様子を、ますのさんに納めていただきました。

今年の優勝者はこの方です。

岩田です。 げんき・野の花麻雀倶楽部恒例、トロフィ授与式です。 今年の優勝者は聡さん。理事長からお祝いのトロフィをいただき、皆で記念撮影しました。パチパチパチパチ! なんと聡さんは3年連続です。 野の花麻雀倶楽部は月に1回、土曜日の午後ゆったりとしたペースで、でも、勝負は真剣に、皆さん楽しんでいます。

役満賞授与式

前にも、ブログに載せましたように、6月7日の「野の花麻雀」で、田原さんが役満貫を達成しました。野の花では、この数年無かった快挙です。それで、7月12日に、白川理事長より、田原さんに、役満貫達成を記念する賞状と記念品が渡されました。画面は、受賞を喜ぶ田原さんと、臨席した白川理事長、岩田副理事長です。

Mahjong!!

ますのです。 現在、月一回のペースでやっている「げんき野の花」の麻雀ですが、6月7日、田原さんが四暗刻の役満貫を達成しました。 彼が「げんき野の花」の麻雀をするようになって数年になりますが、この数年間に役満貫を達成したのは、彼が唯一人です。 野の花の麻雀では賭けはなく、一年間の獲得点数が最高の人に対し、白川和子理事長がトロフィーを贈呈して祝福することになっています。現時点では、彼が年間最多得点を獲得する最有力候補となっています。皆さん、頑張ってね!

春の日の午後

 カラオケメンバーのおのぼりさんはアカペラで数々の曲を歌い飛ばします。かなり昔の曲でも、頭の中にしっかり入っているから大丈夫です。歌、まるでダメの私、渋谷もおのぼりさんの送迎で「奥飛騨慕情」を覚えてしまった  この日は「愛燦燦」を教えてもらった。インストラクターのますのさんと一緒に他のメンバーの到着待ちのおのぼりさんの表情は穏やかで、可愛らしい、ですね。

麻雀インストラクター

 遊びの指南は簡単そうで実は難しい。〔教える〕にはやはり才能がいる。  のめりこまないで、しかし、根気強く細やかに遊び方を指南していく、そのバランス感覚は一朝一夕では身につかないものだと、ますのさんを見ていると気づかされる。  もう6年も立つんだよね。野の花の遊びの倶楽部活動が始まって。利用者のみなさん、ますます熱心で、心から楽しんでいらっしゃる。

2005年度野の花麻雀優勝トロフィー受賞

 野の花の「地域サポート事業」の一環である「げんき!野の花」では、二組の麻雀教室が、それぞれ月に一回開かれています。もちろん、賭けはしませんが、毎回の得点を累計して、年間の最優秀者には、今年からトロフィーを進呈することになりました。そして、2005年度の野の花麻雀に参加した方の中で、F家さんが、得点累計約十万点で、2位のOさん(約6万3千点)を大きく引き離し、優勝トロフィーを獲得しました。  画像は、2月25日、トロフィーを受取って笑顔のF家さんです。