大島の旅~その3

050207oshima001.jpg今回は7日午前の様子をお伝えします。

おはようございます。大島2日目の朝です。皆さん清々しく朝を迎えられたようで、朝食もまたまたペロリ。小麦粉と明日葉粉と海洋深層水だけで作ったすばる特製パンには、椿ジャムや塩を入れた椿油をつけて頂きました。
10:00、すばるを出発。今日も社協の「かけはし号」をお借りしての観光です。すばるには私たち以外に、カッコいい車椅子に乗った青年と優しい話し方がチャーミングな女性のお二人連れがお泊まりでした。ちょうど同じ頃にすばるを発つとのことで一緒に「かけはし号」で役場へ。調布から飛行機でいらしたようで、船で来られると話すととても驚かれていました。お二人は障がいのある方の自立支援をするNPOで理事をなさっているとのこと。ご縁ですね~、なんだか感激。
お二人とはそこで別れ、私たちは「椿展」を見に役場へ。展示室には生け花あり、鉢植えあり、モニュメント風あり、とたくさんの種類の椿が展示されていました。地名のついた椿の並ぶコーナーでは、Sさんがゆかりの地名を探しながら鑑賞していらっしゃいました。展示室の外に「カメリア酒」の試飲を発見。地の焼酎に椿を漬けた甘い香りが楽しいお酒でしたが意外にアルコールが強く、ストレートで飲むのはツラいかなと思ったら、お二人のSさんはケロリ。キャリアを感じました、脱帽です。
11:00、皆さんが楽しみにしている「リス村」(※椿花ガーデン内にありましたが2013年9月頃閉園。外来種問題などあるようですね。)へ。かわいいシマリスやミーアキャットたちが迎えてくれました。急な芝の傾斜や左右の高さの違う通路が多いため、大型の車椅子では中を見るのは難しそうだったのがちょっと残念でした。奥には実際にリスたちと触れ合える広場があり、中に入ると数百匹ものハイイロリスたちが放し飼いにされています。手袋をするとエサがあるのがわかるようで、飛び乗って小さいかわいい手で皮をむいてひまわりの種を食べていました。たくさんのリスに囲まれたHさん、リスをじっと眺めるSさんなど、みなさんリスのかわいさに見とれていました。
この「リス村」にはもう一つの大きな名物があります。それは「うさぎの非難訓練」。三原山が噴火したと想定して、ウサギたちが山の上の方から非難するというものです。笛の合図があり避難勧告の放送と同時に大疾走してくるウサギたちの群れ・群れ・群れ・・。みなさんその迫力に思わず感嘆の声が!自他ともに認めるウサギLOVEの井口さんは最前列でかぶりつき、長井さんはウサギたちのあまりに一生懸命走る姿に大爆笑でした。

シェアする

コメントを残す