大島の旅~その1

050206oshima001.jpg 今年で2回目になる大島旅行。2月6日・7日に利用者さんとそのご家族6名とスタッフ4名で出かけました。利用者さんはそれぞれご夫婦で参加され、フルムーン気分☆天候にも恵まれて、1泊2日の旅は大満足でした。

今日は6日の午前中編です。
朝6時からスタッフが利用者さん宅へお迎えに伺い、2台に分乗して熱海へ。熱海からは「シーガル」という高速艇に乗って大島へ渡ります。渋滞もなく予定より早く熱海へ到着しましたが、写真を撮ったり、椿や三原山の話をしたりと、これから始まる旅にワクワクして退屈を感じません。
9時25分、乗船開始。熱海港はロビー前の歩道から船着き場までの間、段差は少なく移動は楽です。唯一の階段はタラップですが、車椅子の利用者さんも、東海汽船のスタッフが4人で車椅子を持ち上げてくれるので、そのまま乗船OK。船内では大島に詳しい岩田さんが、大島行きの船の絶景ポイントを伝授。最後尾の席から本土を眺めると、広い海と熱海の岸と富士山が真正面に見えるのです!この日は薄曇りでしたが、それでもなかなかの見応えでした。
10時30分、大島・元町港到着。あんこさんたちと一緒に、今日宿泊するバリアフリーペンション「すばる」のご主人と大島社協で移動サービスやガイドのボランティアをなさっている高野さんが出迎えてくれました。高野さんは、観光ガイドをして下さった上、バリアフリー情報にも明るく私たちの強い味方です。社協のご好意で貸して頂いたリフト車「かけはし号」に乗り、いざ観光へ!
11時30分、レストラン「ブランブルー」到着。こちらは、アジアンモダンな店内で大島産の素材を使った和食が頂けるお店です。この日のランチは五穀米・明日葉のおひたし・おからハンバーグなどとってもヘルシーメニューで、みなさん船酔いもなくペロリ。秦野のマーケットではあまり出会えない明日葉の調理法や健康食のことと、お話は尽きません。

シェアする

コメントを残す